リートとは何なのか!|初めての人にも分かりやすいファイナンス

笑顔の女性

従業員のやる気アップ

グラフ

最近では日本でもストックオプション評価が高くなっています。そのためストックオプションを導入する企業が増えています。この制度は企業で働いている従業員や取締役に対して、会社側が事前に決めた価格で自分の会社の株を購入する権利を与えるシステムのことを指しています。株式市場でその会社の株価が値上がりした場合でも、事前に決めた価格で株を購入し販売することが出来ます。そうすると、ストックオプションで株価購入の権利を得た人間は、利益を得ることが出来るのです。この制度は従業員や取締役員のモチベーションを上げることが出来ます。そのため企業側のストックオプション評価は高いのです。会社の株価が値上がりした際を予想し、将来的な報酬を与えることが可能になります。

一般的にベンチャー企業からオプション評価は高く、新規事業を始める会社に向いているとされています。というのもベンチャー企業というのは事業を始めたばかりであるため、そもそもの運営資金が限られています。そうなると優秀な人材を雇いたいけれども、従業員に対して報酬を支払うことが現実的に無理なのです。ですがこのストックオプションを利用すれば、将来的に高額な報酬の支払を約束することが出来るのです。報酬をしっかりと提示し、優秀な人材を集めるという点でも、ストックオプション評価は良いのです。また今後事業を展開していく上で株式公開し、株式市場に上場することを目指している企業からもストックオプション評価は高いです。将来的に自社の株価が上昇した場合、この話題のシステムの効果は非常に大きい物になるのです。優秀な人材を欲しているベンチャー企業はこのシステムを有効に活用していきましょう。